あなたのためになるブログ

お金を増やすこと 人と会うこと 本を読むこと 旅をすること 健康でいること

フリーランスと税金の関係について

こんばんは、みずのです。

フリーランスの税金周りについて整理も兼ねてまとめました。

 

フリーランスと消費税

フリーランスもサービスを提供し報酬を受取るときには消費税が発生しています。

受け取る報酬は消費税が込の内税か消費税別の外税か注意しなくてはなりません。

フリーランスは売上が1000万円以下の場合は免税事業者となり消費税の納税が免除されます。

ただし仕入れで支払った消費税額の方が受け取った消費税額より高い場合は還付されるのでこの場合は免税事業者ではなく課税事業者を選択しておいた方が得になります。

 

フリーランス所得税

フリーランスとして受け取る報酬の中には源泉所得税がすでに徴収されているものがあります。

この源泉所得税が実際に払うべき所得税額を超えていた場合は差額が確定申告を行うことで還付されます。

 

フリーランス累進課税制度

累進課税制度とは所得の金額によって税率が変わる制度です。

所得税は収入から必要経費を引いた金額を元に計算されます。

必要経費が多いほど所得金額が少なくなるため結果として所得税が下がります。

このときに必要経費の計上をしっかりと行うことで節税対策となります。

 

フリーランスと経費

事業に関係のある支出は必要経費としてどんどん計上した方がいいです。

個人的な支出と曖昧な場合は説明できる範囲で按分しましょう。

事業への必要性が説明できて按分もしてあれば経費として認められる可能性が高くなります。

kasegood.net

 

経費として証明するためには領収書をもらって保管することが基本ですがもらい忘れや紛失した場合は出金伝票活用しましょう。

日付、金額、支払先、但し書があれば経費として計上できます。

 

フリーランスと控除

健康保険料や年金などの社会保険料は収入から経費を引いた所得からさらに控除されます。

また小規模企業共済の掛け金も全額控除対象となっています。

しかし小規模企業共済は共済金の受取時に課税されるため注意が必要です。

 

最低限の税務知識は身につけておきたいですね。